アクセス 一覧へ

観光スポット

たかちほきょう

高千穂峡

観光スポット NO.1

撮影スポット NO.1

高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷。
この高千穂峡は、1934年(昭和9)11月10日国の名勝・天然記念物に指定されています。

付近には日本の滝百選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋などがあります。
さらに神話に由縁のある「おのころ島」や「月形」「鬼八の力石」など、 高千穂峡の遊歩道のみで高千穂の魅力を十分に感じることができるスポットといえます。

貸しボートもございますので、ぜひご利用ください。
高千穂峡貸しボート・・・料金・営業案内

国の名勝・天然記念物に指定された峡谷

国の名勝・天然記念物に指定された峡谷

太古の昔、阿蘇山の火山活動によって噴出した火砕流が冷え固まり侵食された断崖がそそり立つ峡谷で、高いところで100m、 平均80mの断崖が東西に約7キロに渡って続いており、昭和9年には「五箇瀬川峡谷」として国の名勝・天然記念物に、 昭和40年には祖母傾国定公園の一部に指定されています。

峡谷内は約1キロの遊歩道が整備され、日本の滝百選に指定されている名瀑「真名井の滝」があり、高千穂峡のシンボルとなっています。

真名井の滝

真名井の滝

日本の滝百選に指定されている名瀑で、約17mの高さから水面に落ちる様は高千穂峡を象徴する風景です。 天孫降臨の際、この地に水がなかったので、 天村雲命(アメノムラクモノミコト)が水種を移した「天真名井」から湧き出る水が水源の滝と伝えられています。

高千穂三橋

高千穂三橋

玉垂の滝、鬼八の力石、高千穂三橋など峡谷美を堪能。
高千穂峡の遊歩道の撮影ポイントとなっている「高千穂三橋」。趣の違うアーチ橋が一望でき、 一つの峡谷の一か所に三本ものアーチ橋を見ることができるのは全国でもここだけだと言われております。
また、高千穂の伝説に残る鬼八が投げたという鬼八の力石など、神話と伝説に所縁のあるスポットが数多く存在しています。

観光情報

カテゴリ 自然
駐車場 高千穂峡内の駐車場を利用(有料)
・御塩井(おしおい)駐車場 有料 500円
・あららぎ駐車場 有料 300円
・大橋駐車場(無料)
・駐輪場:おのころ池周辺の広場
※カーナビ設定時は、高千穂峡淡水魚水族館 TEL:0982-72-2269を設定して下さい。
※大型車でお越しの団体の方は大橋駐車場でお客様の下車となります。
※満車等により駐車できない場合は係員の案内にしたがって下さい。
トイレ あり
入場料 なし
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井
お問い合わせ先 一般社団法人 高千穂町観光協会
TEL:0982-73-1213

高千穂峡周辺ガイドマップ 高千穂峡ガイドマップ
高千穂観光イラストマップ 高千穂観光イラストマップ
高千穂町内全体の観光マップ
高千穂峡周辺シャトルバス 運行日程
(連休などの混雑時はシャトルバスを運行します。)
平成29年度 高千穂峡シャトルバス運行のお知らせ

アクセスマップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。