神話の舞台 高千穂町で社会実験

神話の舞台 高千穂町で社会実験とは

11月の土日 5、6、12、13、19、20、26、27 高千穂町の観光交通分散と回遊形成に向けた社会実験 2022年版 神話の舞台 高千穂町で社会実験

高千穂町では、ゴールデンウィークや紅葉などの観光シーズンに主な観光地や駐車場の周辺で渋滞が発生しています。また、同時に特定の観光スポットに集中する観光客を分散し、広く周遊行動を生み出す仕掛けづくりも滞在型観光地づくりを目指す高千穂町にとって課題となっています。

このような課題に対して、令和3年度~令和4年度の2ヵ年で社会実験を行い、実験時の施策が課題解消にどのように役立つかを検証しています。

令和4年度は、9月に発生した台風14号による高千穂峡内の被災を踏まえ、駐車場の混み具合や空いている時間帯をリアルタイムに確認できる情報提供の社会実験のみを実施いたします。

情報提供は、11月の土日(5日・6日・12日・13日・19日・20日・26日・27日の計8日)に行いますので、高千穂町へご来訪の際は是非ご活用ください。

交通情報

高千穂峡駐車場
リアルタイム情報はこちら

こちらの情報は、11月の土日のみの情報提供です。

【アンケート調査にご協力ください】

本実験の効果を把握するため、リアルタイム情報を利用した感想や改善点をお聞きするアンケート調査を行っています。

皆様のご意見をもとに、今後は改善を図りながらより良い情報提供を目指していきますので、ご協力をお願いいたします。

※アンケート調査の回答は統計的に処理し、
上記の目的以外に使用することは一切ありません。

アンケート調査に進む