観光スポット

おちたちじんじゃ
落立神社

[ カテゴリ : 神社 ]

1508年(永正5)に三田井右京大夫右武が再建。安産の神と伝えられる。
参道には沢山の奉納板が並び元横綱千代の富士の奉納板もある。
古くは若一王子権現社と呼ばれ、神社の社家は神武天皇の兄神、稲飯命(イナヒノミコト)の子孫漆間氏が司っていたといわれる。
「漆間大明神」の御神面「尾迫荒神(おさここうじん)」は室町時代の作といわれている。

  • ページのURLをメールで送る
  • 一覧に戻る

舞開きの石像

舞開きの石像

夜神楽の中に岩戸開きの神話を表現した「伊勢」「柴引き」「手力雄」「鈿女」「戸取り」「舞開き」という舞がある。その最後の舞「舞開き」はこの世が再び明るさを取り戻した喜びの舞で、両手に月と日を表す鏡を持ち祝い舞う。春の余祝の舞ともいわれる。

観光情報

カテゴリ 神社
駐車場 あり(1台)
トイレ なし
入場料 なし
住所 鎮座地:岩戸2573

アクセスマップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。地図はドラッグすることも可能です。

  • 書籍・販売物
  • 写真素材ダウンロード
  • 観光協会について
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ページの先頭へ戻る