観光スポット

むこうやまじんじゃ
向山神社

[ カテゴリ : 神社 ]

創建は不詳。
向山村の大社として三田井家の崇高が篤く、三田井越前守親武が再建したと伝えられる。
古文書には『紀州熊野から勧請』とあり、「熊野十二社大権現」や「丸小野権現」「向山権現」と呼ばれていた。山の尾根伝いに続く参道がすばらしい神社。

向山神社までの車道は未舗装で、道幅が狭いのでご注意下さい。

  • ページのURLをメールで送る
  • 一覧に戻る

参道の石燈篭

参道の石燈篭

500mほどある神社参道には、仁王像と20基の石燈篭がある。その中の9基に燈篭の最上部の笠の上に神像が飾ってある。猿を表したものが2基と七福神を表したものが7基で高千穂地方ではあまり見かけられない珍しい燈篭。燈篭の作者は延岡の利吉で、天保年間の同じ時期に浅ヶ部八十八ヶ所霊場の仏像と押方・二上神社の猿の燈篭を作っている。

観光情報

カテゴリ 神社
駐車場 あり
トイレ なし
入場料 なし
住所 鎮座地:向山中尾平1806

アクセスマップ

地図内「+」「-」の目盛りで拡大・縮小が可能です。地図はドラッグすることも可能です。